人気ブログランキング |

これから、どうする?どうなる?


by wxy117

ストーンペーパー




石から生まれたエコ紙・ストーンペーパー「Keeplus(キープラス)」│株式会社TBM
http://www.tb-m.com/

ストーンペーパー
http://www.fujibijutsu.co.jp/stone_paper/index.html

◆ストーンペーパー[Stone Paper]の特徴
ストーンペーパーは、原料に木材チップやケナフなどを一切使用せず、石から抽出した無機鉱物粉末からつくられたストーン紙です。
だから、ストーンペーパーの製造時には貴重な森林を伐採する必要がありません。
また、製造時に水を使用しないため、排水がまったく出ず『水質汚染』につながらないのも特長です。
まさに地球環境保護のために生まれた紙です。
従来の紙(パルプ)が水を吸収し膨張するのに対して石は水分を吸収しないため、破れにくく強度や形状の変化がほとんどありません。
ストーンペーパーは、従来の"紙"と同様、または、従来の“紙”ではできなかった事にもご利用いただけます。

◆木を伐採しません
今までの製紙技術では、紙を作り出す際に原料となる木材を使用しなければならず、製紙の生産量が増えるにしたがい森林の伐採も増えてしまいます。
今、地球上で10分の間に、おおよそ野球場と同じ広さの森林が伐採され続けています。
ストーンペーパーは原料に木材チップやケナフなどを一切使用しないため、今まで使用していた紙の代替として、ストーンペーパーを使用することで貴重な森林資源が保護できます。
新たな選択肢としてのストーンペーパー。
幅広い分野にご使用いただくことで、環境保全の輪は、ますます広がっていきます。

◆水資源を保護します
従来のパルプを使った製紙に比べ、ストーンペーパーは製造時に水で洗浄するプロセスが一切なく、強い酸やアルカリ、漂白剤も必要としません。
このため製造時の廃水排出の問題もなく、河川や海を汚染することもありません。
地球の水資源保護のためにも役だっています。

◆CO2排出量を削減します
ストーンペーパーは一般ゴミとして処理され、焼却炉で焼却できます。
製品には多量の石に粉と樹脂が含まれており、この樹脂部分だけが燃焼します。
樹脂が燃焼すると、石は粉末となり、樹脂と空気の接触を確実にして完全燃焼を促進します。
よって有毒なガスを発生することもなく、二酸化炭素の排出量も最小で地球の温暖化を抑制します。

◆ストーンペーパーの環境への負担
一般的なバージンパルプ紙1トンをストーンペーパー1トンに代替すると・・・
 樹木伐採を20本減らせます
 固形廃棄物を約76kg減らせます
 水質汚染廃棄物を約19kg減らせます
 大気排出物を約107kg減らせます
 用水/排水を約33959リットル減らせます
 エネルギー消費を約25百万BTU減らせます

製造段階で天然資源保護に貢献できます。
処分時も含めたLCA比較で見ると資源保護やCO2削減に貢献しています。


ストーンペーパー
http://www.fujibijutsu.co.jp/stone_paper/product.html

e0066858_9444138.jpg




by wxy117 | 2011-06-08 09:44 | これはイイ!