これから、どうする?どうなる?


by wxy117

<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

てっぺん 渋谷 女道場




居酒屋てっぺん
http://teppen.co/

居酒屋てっぺん店舗
http://teppen.co/shop/




渋谷女道場
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13019857/

ぐるなび - てっぺん 渋谷 女道場(渋谷/居酒屋)
http://r.gnavi.co.jp/a034101/

e0066858_1728585.jpg






[PR]
by wxy117 | 2015-03-24 17:29 | コンナとこ?

ウズベキスタンのプロフ




ウズベキスタンのプロフ
http://jp.rbth.com/arts/2013/07/05/43947.html

e0066858_1472558.jpg



材料(6~8人用)
米 500グラム
肉 250グラム
人参 250グラム
タマネギ 250グラム
サラダオイル 125グラム
皮付きニンニク 丸ごと1コ
ジーラ 小さじ1.5杯
カシミール・チリ・パウダー 小さじ1杯
レーズン 大さじ1杯(お好みで)
塩 適量

作り方
1.厚いカダイ鍋を使い、油を加熱する。
 細火で、適温まで油を温める。
 野菜を一かけら落とし、いい音がするか試す。
 油は、煙が出る程熱くしてはならない。
2. ジルヴァクを準備する。
 油が十分に熱くなったら、肉を2.5cmのキューブに切って入れるか
 、もしくは、カレー用のチキンや骨付きマトンを入れて、焼き色がつくまで炒める。
 タマネギを縦に半分に切り、半月切りにして、加える。
 きつね色になるまで炒める。
 太めの千切りにした人参を加える。
 全ての材料をしばらく炒め、スパイス と塩を加える。
 主なスパイスはジーラだ。
 必要に応じて、カシミール・チリ・パウダーとレーズンを加えるのも良い。
 中央アジアでは、中央アジア、アラブ首長国連邦やロシアで手に入るバルベリス(メギ)という酸っぱい実を加えるのが一般的。
 材料を鍋に入れる順番は大事だ。
 肉抜きのプロフを作る場合、ここでその他の野菜を加える。
3. 米をよく研ぎ、鍋に加え、出来上がるまで弱火で煮込む。
 長粒米がおすすめだ。
 肉と野菜の上に米を加え、かき混ぜないようにする。
 混ざらないよう に、そっと水を加える。
 水は、米の上3.8cm程まで入れる。
 塩とターメリックの粉を少し加え、沸騰させる。
 火を弱め、蓋をして煮込む。
4. 最終段階:水が少なくなったら、皮をむいていないニンニクを一片ずつ適当にプロフに差し込む。
 木の棒で、穴を作るのも推奨されている。
 蓋をし、出来上がるまで細火で調理する。
 出来上がってからようやくふたを開け、少し空気に触れさせることができる。

私のお気に入りの付け合わせは、作るのがとても簡単なトマトとタマネギのサラダだ。
 トマトを半分にしてから、とても薄くスライスする。
 タマネギを縦半分に切 り、なるべく薄い半月切りにする。塩こしょうと生のパクチーで味を整える。
 トマトから汁がすぐ出るため、油は必要ない。
 ウズベキスタンでは、手を使って皆で一つの皿からプロフを食べるのが一般的だ。




炊飯器で簡単牛肉でなんちゃってプロフ
http://cookpad.com/recipe/1970023

「乙嫁語り」に出て来た炊込ご飯・プロフ
http://cookpad.com/recipe/1916957

プロフ(ポロ) 中央アジアのピラフ
http://cookpad.com/recipe/1840436

узбекский пло
http://cookpad.com/recipe/302624

Palov(パロフ) ウズベキスタン風ピラフ
http://hayashimasaki.net/uzryouri/uzcook.html

サマルカンド・プロフ|ウズベキスタン料理 レシピ|e-food
http://e-food.jp/recipe/asia/samalkandplov/




大使館の食卓 -Back Number- 駐日ウズベキスタン共和国大使館
http://www.bsfuji.tv/embassy2011/backnum13.html

e0066858_1474268.jpg



<材料>
牛ヒレ肉500g
玉ネギ2個
にんじん4本
油200cc
米1kg
クミン適量
コリアンダー適量
ターメリック適量
ひよこ豆※水煮100g
塩適量
水約700cc

<作り方>
1.フライパンにサラダ油を入れて熱する。
2.油がなじんだら薄くスライスした玉ねぎを加え、炒めるというより揚げるような感覚で、甘みを出していく。
3.全体がキツネ色に変わってきたのを目安に、一口大に切った牛肉を加える。
4.塩で味付けしコリアンダー、クミンを入れる香りがたったら千切りのニンジンを入れる。
5.ニンジンがしんなりするまで炒める(ここまでは強火)
6.水を加えて弱火に替え20分ほど煮込んでいきます。
7.ここからは米を加えるので、鍋に移し替える。
8.水に浸しておいた米を煮込んだ具とスープが隠れるように上から敷き詰める。
 (スープの旨味と香りを含んだ蒸気が逃げてしまう ので混ぜない)
9.鍋から湯気が立ってきたら、弱火にして
 、煮込んだ具とスープの上に敷き詰めた米の層に穴をあけスープが下から上に行き渡るようにする
10.色づけのターメリックを表面にまぶす。
11.吹き上がってきたスープを表面の米になじませ、焦げ付かないよう、水を足しながら炊きあげる。
12.米の上に茹でたひよこ豆をのせ米で覆う。
13.鍋にフタして、25分ほど炊いた後、最後に全体を混ぜて完成。



[PR]
by wxy117 | 2015-03-14 14:07 | 料理