これから、どうする?どうなる?


by wxy117

<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧




★店名:『青木屋
★住所:東京都荒川区南千住6-47-14
★電話:03-3807-4517
★定休日:日曜日
★営業時間:平日・土曜ともに7:00~18:00

e0066858_20113646.jpg

◆青木屋

『青木屋』~嗚呼、懐かしきあのコッペパンの味~: ぷらり、C級グルメ旅
http://muneyake-blog.seesaa.net/article/16744753.html青木屋

アオキヤ - 三ノ輪/サンドイッチ [食べログ]
http://r.tabelog.com/tokyo/A1324/A132401/13008438/

e0066858_2012385.jpg

◆コロッケパン 240円
メンチカツパン 270円
トンカツパン 270円
ハムかつパン 220円




斉藤鮮魚 割烹さいとう
http://www.guidenet.jp/shop/223p/
店舗名 斉藤鮮魚 割烹さいとう

e0066858_20131056.jpg

◆割烹さいとう

住 所 〒110-0004 東京都台東区下谷2-9-7 地図を見る
アクセス 東京メトロ日比谷線:入谷 (徒歩 約2分)
お問合わせ 03-3873-7321  お問合わせの際は「上野・浅草ガイドネットを見て」とお伝えください。
営業時間 11:30~14:00 17:00~22:00(21:00ラストオーダー)
定休日 日曜・祝日

割烹 さいとう@入谷 :: 日々雑感【美味しいもの大好き♪】
http://yaplog.jp/hikikoguiugi/archive/768

e0066858_20135020.jpg

◆づけ丼850円と海鮮丼850円



[PR]
by wxy117 | 2010-11-23 20:13 | これはイイ!

ギックリ腰




ギックリ腰(腰椎捻挫)
http://wwwmts.tokoha.ac.jp/bonesetting/column06.htm

ギックリ腰とは?
 近年、暖冬と言われている中で、昨年の年末から今年の年明け数日間は寒い日が続きました。
年末年始での大掃除や行楽などで急に腰が痛くなったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 重い物を持ち上げようとしたり、急に腰を捻ったりして突然に激しい痛みが腰を襲い、動けなくなるような症状を『ギックリ腰』と言います。
原因は、腰の周りの筋肉や筋膜の一部が過剰な力によって損傷する事です。
あまりに痛くて、声も出ないことがあることから、俗に「魔女の一撃」(ドイツ語で「ヘクセンシュウス (Hexenschuβ)」 ともいわれます。

 ギックリ腰の症状は、痛みは伴うが立ち上がったり、歩いたりといった動作がなんとか出来るというものから、痛くて立ち上がることも出来ず、トイレに行く事も出来ないほど重症なものまで様々です。
中には圧迫骨折を疑うような症状や、ヘルニアを伴うこともあります。

対処法
発症直後は!?
 まずは安静にする事が第一です。
しかし、圧迫骨折やヘルニアがある場合は、足の方にシビレや知覚麻痺、または気分が悪くなったりすることがあります。
そのような時は、病院へ連れて行ってもらうようにしてください。

 足などにシビレがなく、感覚も正常であれば腰部の安静を保ち、炎症や痛みを軽くする目的からアイシング(冷却)をおこないます。
そして2~3日は休養し安静をとるようにしてください。
急性期の腰の痛みは患部に炎症が生じ、周囲の筋が緊張しています。
安静を保っていないと筋緊張の繰り返しで、なかなか良くならないこともあります。

痛みが軽減してきたら。

 徐々に体を動かすようにしてください。
あまり安静にし過ぎても治りを遅らせることもあります。
そして、発症直後は炎症を抑える目的でアイシングをおこないましたが、炎症が軽くなってきたら温めて患部の血行を良くすると治りが早まります。
ご家庭では、蒸しタオルを用いると良いでしょう。




ギックリ腰
http://chiro.lib.net/cure/gikkuri.html

■家庭での対処法
 ここでは自宅での対処法をお教えしましょう。
もちろん専門家に診てもらうのが一番確実ですし、間違いのない方法ですが、何らかの都合でそれができない場合のアドバイスです。ですから以下のアドバイスにしたがって悪くなった人を私たちは知りませんが、あくまでも自己責任で実施してください
(自信がないわけではありませんが、インターネットでのアドバイスの限界と思ってください)。

1)氷水で冷やす。
 温めはだめです。
ですからお風呂もやめておくのが無難です。
ぎっくり腰は捻挫や肉離れのようなものと考えていただければ、おのずと冷やすことが大切なのはわかっていただけると思います。
冷やすことがなぜ良くて、温めるとなぜいけないのかの詳しい説明は別の機会にいたします。
ぎっくり腰は炎症ですから熱を発生していますので冷やすと今は云っておくにとどめます。

◎冷やす方法
 氷のう(ビニール袋で代用できます)に氷(9割)と水(1割)を入れ、患部に20~30分あてます。
できるだけ痛みの少ない姿勢で氷のうをあててください。
氷のうをあてる姿勢に無理があると逆効果になってしまいますから注意です。
さらしなどで腰に縛り付けるのがいいでしょう。
これを2~3時間置きに一日3回程度できればより早く痛みが減るでしょう。
3日間は続けてください。

2)楽な姿勢で休んでください。
 ストレッチや揉んだりは絶対にいけません。
腰痛体操などをぎっくり腰の時にやってしまうとそれこそ「腰痛になる体操」となってしまいます。
お尻に痛みがでるタイプのぎっくり腰(先に挙げた仙腸関節の損傷タイプです)は、痛い側を下にした方が楽な場合が多いものですから試してみてください。

3)さらしやゴムベルトを使う。
 お尻の痛いタイプは骨盤をさらしやゴムベルトで締めると仙腸関節が早く治ります。
腰椎や背筋の痛みがつよい場合はさらしを巻くのがいいでしょう。
テーピングができる人がまわりにいるならその人にお願いしてもいいでしょう。

3.ぎっくり腰へのさらなるアドバイス
身動きがまったくできない場合は、上の3原則でしばらく辛抱してください。
たいていは1日がまんしていれば身動きぐらいできるようになります。
かなり重症でも2~3日でなんとか身動きできるようになるはずです。
そうならなかったらどうするか、この場合は迷わず専門家を受診してください。
で、身動き(寝返りや這い這いぐらいができる状態です)できるようになったら次にすることは「ぎっくり腰体操」です。

第1段階:よつばいになります。

第2段階:よつばいのまま、手とひざの位置を動かさずに、体を前後にゆすります。

第3段階:よつばいのまま、左右にお尻をふります。
■注意:急激に動かすと痛みがぶり返すことがありますのでゆっくりと動かして下さい。

第4段階:よつばいでゆっくり歩きます。

第5段階:柱などにつかまりながら、ゆっくり立ちます。

第6段階:まっすぐ立てるようになったら、柱につかまったまま上半身を垂直に保ったまま、膝を軽く曲げたりのばしたりします。

第7段階:そろそろと歩きます。

 第7段階までくれば、後は、中腰やくしゃみ、トイレや洗面などの動作で再度傷めることのないように注意して生活していれば、日に日に回復していくことでしょう。





ふとした時に襲われる■ギックリ腰の対処法
http://www.kenko60.com/koudoku/undou/025.html

■ ギックリ腰の原因と症状
ギックリ腰は次の3つの種類に分けることができます。

○捻挫(ねんざ)
一番多いのがこの捻挫です。
腰が捻挫?と思うかも知れませんが、突発的な腰痛の約9割はこの捻挫です。
 捻挫の中でも特に多いのが仙腸関節捻挫で、骨盤を形成している仙骨と腸骨をつなぐ関節がすり減っていたり、ずれたりして起こると言われています。
 この場合は、真っ直ぐ立つことができず、前かがみでしか歩くことができなくなります。
 そして、もうひとつ多いのが腰椎捻挫です。
腰椎捻挫は、背骨を支える筋肉やじん帯を傷めたために起こります。
 この二つを併発すると前かがみというよりかは、カラダが「く」の字にゆがんでしまい、さらに厄介なことになります。

一方、不意な動きによって、腰に少し痛みを感じたもののそれほどでもない…と余り気にせずにいたら、翌朝立てないという場合は、骨盤が歪んで腰の周りのじん帯が伸びてしまったということが考えられます。
腰の捻挫も現象としては、足の捻挫や突き指をしたのと変わりないのですが、腰の捻挫は痛みの程度が尋常でないのが特徴です。

○椎間板ヘルニア
ギックリ腰=椎間板ヘルニアと思っておられる方も多いかもしれませんが、実際は少し違います。
椎間板ヘルニアは、ギックリ腰の一種です。
 背骨は、たくさんの骨が重なった構造になっていて、その骨と骨の間を椎間板というクッションのようなものでつないでいるのですが、衝撃や圧迫によって、椎間板の中の髄核と呼ばれるものが押し出され、それが脊髄を通っている神経を刺激することによって起こります。
 椎間板ヘルニアは捻挫とは違い、腰の後ろ側に強い痛みが起こり、その痛みは腰だけでなく足や太ももまで走り、しびれを感じる場合もあります。
かがんだりすると、より一層強い痛みを感じます。

○一時的な椎間板の変形
一時的な椎間板の変形は、中高年以上に多く見られます。
長期に渡って痛みを感じるというよりかは、椅子から立ち上がったり、寝返りを打つときなど、一時的に痛みを感じることが多いようです。


■ ギックリ腰になったら…
ギックリ腰は、劇的に治るような治療法もないので、治るまでには少なくとも1ヶ月くらいかかります。
ギックリ腰になったらまず、2~3日間は極力安静にしているようにしましょう。
 そして、強い痛みが治まるまでは、氷水などで冷やすようにしましょう。
炎症が起きているので、お風呂などで患部を温めたりすると余計に悪化します。

逆に痛みがひいてからも冷やし続けていると、冷えによって血行が悪くなり、かえって完治するのに時間がかかってしまいます。
痛みが引いたら冷やすのはやめるようにしてくださいね。

■ ギックリ腰を予防するには…
まずは、膝を伸ばしたままの姿勢で下の物を持ち上げようとしないことです。
持ち上げるときは、足を曲げてしっかりと腰を入れ、膝を使って持ち上げるようにしましょう。

また、腰周りの筋肉、つまり腹筋や背筋を鍛えることで、腰を守ることができます。
 ギックリ腰は、意外にも、普段から重い荷物を運んでいる人よりも、デスクワークをしている人や、車を長時間運転している人の方が起こりやすいと言われています。
それは、長時間腰だけで上半身を支えることになり、腰への負担が大きくなるからです。
 毎日筋トレというのは大変だと思うので、せめて、腰やカラダを軽くひねったり歩いたり、時々姿勢を変えたり、カラダを動かす時間を作るようにしましょう。

寝るときは、背中を丸めてひざを曲げて寝るのがいちばん楽な姿勢です。
仰向けに寝るときも、真っ直ぐではなく、膝を軽く立てるようにしましょう。
うつ伏せに寝るのは、腰が反って負担が大きいので、避けた方がいいですね。
また、腰痛の時の寝具は、フカフカのベッドではなく、硬い布団を選ぶようにしましょう。

思いの外、大切な腰。
腰を悪くすると何をするにも支障が出てしまいます。
変な体制で重いものを持ったり、急激な運動をしたりして、腰に負担がかかるのは避けましょう。
若いからと言って大丈夫というものでもありません。
また一度腰を悪くすると、それがクセになり、頻発してしまうことにもなります。

普段から腰回りの筋肉を鍛えつつ、注意するようにしましょう。





田中接骨院(ギックリ腰の予防)
http://www4.tokai.or.jp/Ta-na-ka/gikkuri.htm

◎ギックリ腰の対処法

■ギックリ腰がきつくなると、立って歩くことも大変になってきますし腰も真っ直ぐ伸びなくなってきます。
 その状態の時に歩くときには、気を付けないとさらに悪化させてしまいます。

■また、くしゃみ等により悪化させてしまうのでくしゃみをがまんするか、または寝た姿勢でするようにしましょう。

■コルセットは、急性期の時には構わないのですが長期間使用すると筋肉が硬縮を起こしコルセットなしでは歩けなくなるので、短期間にしましょう。

■早めにお近くの接骨院に受診しましょう。
 症状がきつくなればそれだけ治癒するにも時間がかかります。

■患部の安静も大事ですが、ただ動かずに寝ていても良くなってきません。
 寝た姿勢で痛くない範囲で股関節から下の足を動かし、遠隔的に腰の筋肉をうごかすようにしましょう。

◎ギックリ腰予防体操

■肩幅より少しひろく足を広げて立ち、腰を左右交互に移動する運動です。
 股関節の運動で、腰の筋肉に対して大きな運動量ではないので、痛みが多少あってもできる運動です。(図3)
e0066858_9233586.gif


■前の運動プラス腰に両手を置き、肩の部分を左右交互に前に出す運動です。
 肩甲骨の内側の筋肉を意識して運動します。(図4)
e0066858_9231733.gif


■肩幅より少し広く足を広げて立ち、お腹を前に突き出す運動と腰を後ろに引く運動を交互に行う運動です。
 上体の前後屈に比べて運動量が小さいので、軽く行えば痛めにくいでしょう。(図5)
e0066858_9225689.gif


■両手を組み左右交互に側屈する運動です。
 軽く行いましょう。(図6)
e0066858_9215151.gif


■肩幅より少しひろく足を広げて立ち、上体を捻る運動です。
 軽く行いましょう。

■大きく足をひろげ左右交互に体重を移動する運動です。
 体が慣れてきたら膝の裏を軽く延ばすようにします。

■ギックリ腰予防体操は、腰の筋肉に対して大きな運動量を掛けないように遠隔的に腰の筋肉を動かす運動です。
 軽く行うようにして毎日行うようにしましょう。

ギックリ腰の緩和対策
http://www4.tokai.or.jp/Ta-na-ka/gikkurioukyu.htm




ギックリ腰にご注意
http://blog.livedoor.jp/gikkuri_gosi/

ギックリ腰にご注意:ギックリ腰の軽体操
http://blog.livedoor.jp/gikkuri_gosi/archives/18974126.html

ギックリ腰の時、腰部の体操はダメですが他の部位を動かし腰の筋肉をほんの少し動かすことは出来ます。

◆ギックリ腰の軽体操は、仰向けに寝た状態で行います。
 痛みを我慢して行う体操でないので、痛みがないように軽く行う事が肝心です。
 ほんの少し動かす事を心掛けて下さい。
 痛みが強く少し動かすだけでも痛みが走る場合はしないで下さい。

◆仰向けに寝る際は、お尻の下に座布団を二つ折りにして敷くか、ベット上などが良いかと思います。
 お尻の下に座布団を敷くのは、運動が大変なので座布団を敷く事により運動が楽にできるからです。
 立った姿勢で運動を行わないのは、上半身の重量が腰部にかかった状態で運動をすると逆に筋肉を痛めやすい為です。

◆仰向けに寝た状態から、片膝を立てます。
 その膝を左右交互に倒します。
 倒す範囲は、なるべく狭くして痛みが腰に走らないようにします。
 この運動を左膝、右膝交互に行います。
 力を抜いて軽く行うようにして大きな運動はしないようにしましょう。

◆次に仰向けに寝た状態から、両膝を立てます。
 片膝ずつ、胸の方向に持ってくる運動を行います。
 両手で膝を持ち胸の方向に引き寄せるのですが、腰に痛みが走らないように、軽く行います。
 この運動を左右交互に行います。
 無理に胸の方に持ってこないようにしましょう。
 ほんの少し動かす程度にしましょう。
 私はどちらかと言うと、曲げて行う方がやり安かったですね。

◆次に仰向けに寝た状態から、両膝を立てます。
 両膝を左右交互に倒します。
 倒す範囲は、なるべく狭くして腰に痛みが走らないように注してください。
 ほんの少し動かす程度で。

◆ギックリ腰の軽体操は、直接腰の筋肉を動かす運動ではありません。
 間接的に腰の筋肉を動かす程度の運動です。
 しかし、この運動も強くやれば、逆に腰の筋肉を痛めてしまいます。
 行う際は、痛みがない範囲で軽く行いほんの少し動かす事を忘れないで下さい。

◆ギックリ腰の軽体操を、高齢の方や仰向けに寝ることが出来ない方等は無理をして行うのはやめてください。
 また、この運動は他の人にはやってもらうのはやめてください。
 人の手を借りてまでやるものではありません。



[PR]
by wxy117 | 2010-11-02 09:24 | コンナとこ?