これから、どうする?どうなる?


by wxy117

有名牛丼再現 他




放送内容|あのニュースで得する人損する人|日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/tokuson/oa/index.html

◆お店の味を家庭で再現できる得ワザ
「あの有名牛丼店のような味は
カツオだし+昆布だし+中華だしの3種のだしで再現できる」

e0066858_1038107.jpg



【材料】
 カツオだし 小さじ2
 昆布だし 小さじ1
 中華だし 小さじ1
 白ワイン 大さじ2
 砂糖 大さじ1と1/3
 醤油 大さじ1と1/2
 水 350㏄
 外国産牛バラ肉 200g
 タマネギ 100g

【手順】
① 沸騰したお湯(350㏄)に、カツオだし(小さじ2)、昆布だし(小さじ1)、中華だし(小さじ1)の順に入れる。
 ▼サイゲンポイント
 中華だしで本物牛丼を再現!!
 中華だしを入れるのは、後味の牛のエキスを再現するため。
 その後味で一番近いものは「牛の脂」。
 家庭にあるもので「牛の脂」が簡単に入れられるものが「中華だし」。
② 次に白ワイン(大さじ2)、砂糖(大さじ1と1/3)、醤油(大さじ1と1/2)の順に入れる。
 ▼サイゲンポイント
 白ワインでフルーティーに!
 白ワインを入れることにより、フルーティーに仕上がる。
 ちなみに、赤ワインはコクが強く出すぎてしまう。
③ 外国産牛バラ肉(200g)を1枚ずつ入れ、フタをして沸騰しない程度の弱火で10分煮る。
 ▼サイゲンポイント
 お肉は1枚1枚落とすように入れる!!
 お肉はまとまって入れると、まとまって縮れるため、1枚1枚落とすように入れる。
④ タマネギ(100g)を厚めに切り、鍋に入れフタをして弱火で5分煮込めば完成。
 ▼サイゲンポイント
 タマネギは食感を残す!
 シャキシャキとした食感を残すため、厚めに切り、約5分煮込む。


<松橋式かけ算レシ①>
「余り物が生まれ変わる!おでん×白菜で、和風チヂミ」

e0066858_10384432.jpg



<材料>(2枚分)
【チヂミ】 
  おでんの具(ちくわ/大根/こんにゃく/さつま揚げ/ごぼう巻き/昆布) 適量
  おでんのつゆ 100ml
  小麦粉 70g
  片栗粉 20g
  白菜の芯 2枚分
  ごま油 大さじ1
【タレ】 
  おでんのつゆ 150ml
  白菜の葉 2枚分
  片栗粉 大さじ1
  水 大さじ2

<作り方>
 ① おでんの余った具材を約1cmに細かく切り、白菜の芯の部分はサイの目に切る。
   みじん切りにする。
  ▼家事えもんポイント
   チヂミには魚介が入っており、魚介の出汁がしみ込んだおでんの練り物(さつま揚げなど)は
   、チヂミの具材として一般的なエビやイカなどの海鮮具材の代わりになって最適!
  また、一晩おいて煮崩れた具でも切って入れてしまうので大丈夫。
 ② 小麦粉に片栗粉を入れる。
  ▼家事えもんポイント
  本格的なチヂミの生地にはじゃがいものすりおろしを入れる。
  じゃがいもに含まれるでんぷんがもちもちの食感を生み出している。
  今回は、片栗粉で。デンプンを補うという。
  片栗粉はジャガイモのでんぷんで生成されているので手軽にもちもちの食感を出す事が可能!
 ③ 生地に余ったおでんのつゆを入れて溶く。
  ▼家事えもんポイント
   おでんのつゆで旨味UP!
 ④ 細かく切ったおでんの具と白菜を生地に生地に混ぜる。
 ⑤ フライパンにゴマ油をひき、両面焼く。

焼いている間に…★タレ作り★
 鍋におでんのつゆを入れる
 白菜の葉の部分をみじん切りにして、鍋に入れる。
 水溶き片栗粉を先に鍋に加え、優しくかき混ぜながら、とろみが出るまで火を入れる。
 ※味見して、味が薄かったら塩を加える。
 ⑥ 焼きあがった生地にタレをかければ完成!
  ▼家事えもんポイント
   おでんだけじゃなく、寄せ鍋、豆乳鍋、カレー鍋などでも応答可能!
   余ったつゆと具材を使って、どんな鍋でも美味しい!
   キムチ鍋で作ると…
   残った豚肉や豆腐などの具材と、白菜の芯の部分を入れて焼けば完成!



タマミちゃんの得する卵知識
「高い卵を使わずにいつもの卵で
高級ホテルの朝食のような濃厚・キレイな目玉焼きが作れる」

【タマミちゃんの得する卵知識&目玉焼ポイント】

e0066858_10391545.jpg



① 卵は冷蔵庫の奥に、パックのままで保存するのがおススメ。
※卵の殻には「気孔」と呼ばれる空気の通り道があり匂いも吸収するため卵内部に匂いが移ってしまう。
② 卵はザルに割る。
※ザルでこす事で水っぽく味が薄い卵白は下に落ち濃厚な味の卵白だけを取り出す事が出来る。
③ 油に塩を入れる。
先に塩をまぶす事によって、味加減が均等に行き渡る。
④ 水を入れず、フタをして弱火で焼く。
※水を入れると、白身の味が水っぽくなってしまう。
⑤ 最後にフタをはずし、軽く水分を飛ばす。




サイゲン大介さんの、牛丼のレシピ。有名牛丼店の味が再現できます。 | やまでら くみこ のレシピ
http://kumiko-jp.com/archives/75547.html

材料
外国産の牛バラ肉200g
玉ネギ100g
ご飯適量
紅ショウガ好みで適量

水350cc
かつおダシ小さじ2
昆布ダシ小さじ1
中華ダシ小さじ1
白ワイン大さじ2
砂糖大さじ1と1/3
醤油大さじ1と1/2

作り方
1. 鍋にAを入れ、煮立てる。
2. 肉を1枚ずつ広げながら1に加える。
フタをして、沸騰しない程度の弱火で10分煮込む。
3. 1cm厚に切った玉ネギを2に加え、フタをして弱火で5分煮る。
4. 器にご飯を盛り、3をのせる。好みで紅ショウガを添えたらできあがり。

※ 肉は1枚ずつ広げて煮汁に入れ、硬くならないように、沸騰しない程度の弱火で煮込みます。



[PR]
by wxy117 | 2016-01-08 10:39 | 料理