これから、どうする?どうなる?


by wxy117

2008年11月8日《ごはんですよ》




2008年11月8日《ごはんですよ》

テレビ朝日|賢コツ!!
http://www.tv-asahi.co.jp/kashikotsu/




料理に役立つ4つのミニコツ

≪ミニコツ1/焼き魚の骨を一瞬で取る≫
★背中に切れ目を入れる★

魚の背中を頭から尾ビレの方まで中骨に当たるくらいの深さに切れ目を入れます。
そして、エラにも切れ目を入れ、尾ビレを切り落としてから魚を焼くと、身だけが縮み骨と身がズレるため、背中の切れ目から骨を簡単に取ることができます。
e0066858_1336425.jpg


≪ミニコツ2/トマトの皮をキレイにむく≫
★冷凍庫に入れ凍らせる★

カチンカチンに凍らせたトマトを、手がつけられる熱さのお湯にクルクル回しながら10秒ほど浸すと皮に亀裂が入ります。
それを引っ張ればキレイに剥くことができるのです。

トマトは凍らせると全体が膨張します。
それをお湯に浸けると、急に温められた皮が収縮し、皮と身の間にズレが生じるので、キレイにむくことができます。
e0066858_13362524.jpg


≪ミニコツ3/ジャガイモの皮をキレイにむく≫
★グルリと1周切れ目をいれる★

ジャガイモにグルリと1周、切れ目を入れてから普通に茹でます。
茹で上がったら、氷水に10秒間浸けます。
10秒たったら、切れ目を中心にして両手でジャガイモを持ち、皮を両側に引っ張ると一瞬で皮をむくことができます。
これは、茹でた後に氷水で急激に冷やすことで皮が収縮し、身と皮の間にズレが生じるため。
e0066858_13364174.jpg


≪ミニコツ4/焼きナスの皮を簡単にむく≫
★ナスを叩く★

焼く前にナス全体を50回ほど叩きます。
そして包丁でヘタの周りと縦に2本の切れ目を入れ、あとは普通に焼くだけ。
叩く衝撃によって身と皮の間に隙間ができるため、簡単に剥くことができます。
e0066858_1337798.jpg


ペペロンチーノ+ごはんですよ!=和風ペペロンチーノ

まずは、普通にペペロンチーノをつくる要領でオリーブオイルやニンニク、唐辛子をフライパンで炒め、そこに茹でたパスタを入れます。
そして「ごはんですよ!」を一緒に加え、弱火でかき混ぜるように一気にあえます。
(1人前なら大さじ1杯、およそ20g)
強火で炒めてしまうと「ごはんですよ!」が焦げて、香りが変わってしまいますのでご注意ください。
e0066858_1337306.jpg
e0066858_13374479.jpg


冷凍ピザ+麻婆茄子=中華風ピザ

用意するのは、市販の冷凍ピザ。
そして、長めにカットした茄子で普段どおりに麻婆茄子を作ります。
続いてピザの上に茄子を丁寧に並べ、ひき肉とソースをまんべんなくかけていきます。
あとは、具が多くなった分、全体に火が通るように市販のピザが指定する時間より1分半から2分ぐらい長めにオーブントースターで焼くだけ。
※麻婆茄子に含まれる豆板醤の程よい辛さが、タバスコをかけたような効果をもたらします。
さらに、麻婆茄子には、にんにく、茄子、ひき肉といったピザと相性がいい食材が多く含まれています。
e0066858_13381097.jpg
e0066858_13382426.jpg


おでん+カレー=おでんスープカレー

まずおでんを温めます。
十分に温まったら、煮過ぎて固くなったりくずれたりするのを防ぐため、具を取り出します。
次に、おでんの汁が入った鍋にカレーを入れ、温めます。
そして、おでんの具材を食べやすい大きさに切り、器に盛りつけてからスープを注げば、おでんスープカレーの完成です。
※おでんの主な出汁である「かつお」の旨味、具の練り物から出る旨味、カレーに入っている野菜やお肉の旨味と、いろんな旨味が合わさり、その相乗効果でおいしくなるのです。
※とけるチーズをのせてオーブンで焼けば、カレーグラタンのような味を楽しむことができます。
e0066858_13384551.jpg
e0066858_13385746.jpg


茶碗蒸し+クリームチーズ=濃厚な味の茶碗蒸し

材料/4人分
卵…2個、クリームチーズ…40g、だし汁400cc、塩少々、お好みの具

まず、電子レンジでやわらかくしたクリームチーズに、溶いた卵を4、5回にわけて入れ、混ぜます。
次にだし汁を加えるのですが、この時も、少しずつ入れながら混ぜると、きれいに混ざります。
最後に塩で味を調えます。
あとはいつものように蒸すだけです。
※具にブロッコリーやマッシュルームなど洋風なものを合わせるとより美味しく頂けます。

≪蒸し器が無い方…≫
高さのあるフライパンに、茶碗蒸しのたまご液と同じ高さまでお湯をはり、フタをして弱火で15分蒸します。
この時、器の下にクッキングシートを敷くと、器が安定し、また、フライパンや器を傷つけることなく調理できます。
e0066858_13391884.jpg
e0066858_13393086.jpg





[PR]
by wxy117 | 2009-01-24 13:39 | 料理